広島 スカウト会議で高校生の指名候補37人に絞る 投手は市和歌山・小園、高知・森木ら高評価

[ 2021年8月22日 05:30 ]

広島スカウト会議で高校生の指名上位候補として名前が挙がった市和歌山・小園
Photo By スポニチ

 広島は21日、広島市南区の球団事務所で今年3度目のスカウト会議を開き、高校生の指名候補を前回の77人から37人に絞った。

 映像で17人を確認。投手では市和歌山・小園健太、高知・森木大智、ノースアジア大明桜・風間球打を上位候補とし、補強ポイントの右打者では千葉学芸・有薗直輝、昌平・吉野創士の名前が挙がった。

 次回10月には大学、社会人の候補選手も含めてさらに絞り込む予定で、白武佳久スカウト部長は「(高校生の)数が少ない印象。大学、社会人でカバーできれば…」と見通しを明かした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年8月22日のニュース