×

中日・溝脇 プロ初4安打で2カード連続勝ち越しに貢献 9年目に輝き放つ練習の虫

[ 2021年8月22日 05:30 ]

セ・リーグ   中日6-2阪神 ( 2021年8月21日    バンテリンD )

<中・神(13)>8回、溝脇はこの日4安打目となる右前適時打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 中日・溝脇が連日の首位叩きの原動力となった。9年目で初の4安打を放ち、2年ぶり2度目の猛打賞。走攻守で力を発揮し、2カード連続の勝ち越しに貢献した。

 2―1の2回1死、投手内野安打で出塁。3―2の4回無死二塁では一塁前への絶妙なバント安打で代打・福田の2点二塁打を引き出した。締めは5―2の8回無死一、三塁からの右前適時打。前夜の第4打席から5打席連続安打へ伸ばし、「全ての打席でヒットを狙いに行くより、自分のできることをしようとしたことが、いい結果につながった」と胸を張った。

 前半戦は6月6日に初昇格して12打席連続無安打で2軍落ち。対照的に今月14日の再昇格以降は13打数6安打が残る。「眠れない日ばかりだったけど、昨日の1本で流れが変わったかなと思います」。与田監督も「調子が悪い時も必死になって練習していた成果」と9年目の躍動を評価した。(桜井 克也)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月22日のニュース