×

盛岡大付・渡辺 圧巻の2試合連続完封 選手権初の完全試合は「あと4人」で逃す

[ 2021年8月22日 17:57 ]

第103回全国高校野球選手権大会   盛岡大付4ー0沖縄尚学 ( 2021年8月22日    甲子園 )

<盛岡大付・沖縄尚学>力投する盛岡大付・渡辺(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 第103回全国高校野球選手権大会の第9日は22日、甲子園球場で2回戦が行われ、盛岡大付(岩手)が沖縄尚学を4-0で下し、8強入りした2017年以来、4年ぶりの3回戦進出を決めた。

 圧巻は先発・渡辺の投球だった。丁寧に低めをつき、強力な相手打線に快音を許さない。8回2死までパーフェクト。夏の選手権大会では史上初となる完全試合に「あと4人」まで迫ったものの、大城に中前打を浴びて、夢はついえた。それでも、沖縄尚学につけ入るスキを与えず1安打完封。1回戦の鹿島学園戦に続く2試合連続のシャットアウトとなった。

 打線は4回に小針の適時打と内野ゴロの間に2点を先取。8回には小針、新井の本塁打で追加点を奪い、勝負を決めた。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月22日のニュース