オリックス 「小休止」の大敗 先発・山崎福が序盤に大量失点し、連勝は4で止まる

[ 2021年8月22日 17:00 ]

パ・リーグ   オリックス3ー10西武 ( 2021年8月22日    京セラD )

<オ・西(18)>初回無死満塁、中村に先制の満塁本塁打を打たれるオリックス・山崎福(撮影・後藤 正志)
Photo By 代表撮影

 序盤の大量失点は重すぎた。オリックス・山崎福が中村に満塁弾を浴びるなど、2回4失点で今季最短KO。チームの連勝は4で止まり、山崎福は、「早いイニングでマウンドを降りることになってしまい、申し訳ないということしかありません」と唇をかんだ。

 0―4の2回に来田の右前適時打などで2得点し反撃。しかし、2―4の3回から救援した増井も岸に3ランを浴びるなど4回4失点し、再び流れを手放した。中嶋監督は「よーいドンで4点、追いかけてすぐ3点…野手は厳しくなりますね」とし、「(山崎福は)不用意というわけではないと思うが、修正が利かない感じで、増井にいってもらいましたが…。自分らも分かっていると思うし、次、なおしてもらいましょう」と切り替えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月22日のニュース