横浜・村田監督「力負け」 1年背番号1・杉山4回3失点「また戻って来たい」

[ 2021年8月22日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権2回戦   横浜0-5智弁学園 ( 2021年8月21日    甲子園 )

<智弁学園・横浜>4回3失点の投球を見せた横浜・杉山(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 今大会唯一、1年生でエースナンバーを背負った横浜の左腕・杉山遥希が先発し、4回6安打3失点。「大きな経験。負けた悔しさを練習にぶつけてまた戻って来たい」と雪辱を誓った。

 8回から登板したドラフト候補の金井慎之介(3年)は甲子園初登板で1回3安打無失点。「杉山には秋からチームを引っ張る存在として大きなエースになってほしい」とエールを送った。打線は好機で一本が出ず、78年の3回戦で県岐阜商に0―3で敗れて以来43年ぶりの零敗。村田浩明監督は「力負け。打ち崩す力が足りなかった」と悔やんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月22日のニュース