侍J・柳田 スイング強度は「100です!」 ぶっつけ本番も自信

[ 2021年7月23日 19:20 ]

<侍ジャパン強化合宿>キャッチボールをする田中将(左)と談笑する柳田 (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの柳田が「ぶっつけ本番」に自信をみせた。

 19日から仙台市内で始まった東京五輪に出場する侍ジャパンの強化合宿。休養日を挟み練習4日目となった22日は、右脇腹違和感で一部別メニュー調整が続く柳田がオンライン取材に応じた。ここまで屋外での打撃練習は行わず、この日も室内練習場で金子誠ヘッド兼打撃コーチが投じたボールを打ちながら患部の回復具合を確かめた。「(状態は)いけると思っているが、(首脳陣に)止めてもらっている状態。体は大丈夫と思っている」と軽傷を強調した。

 明日24日の楽天、明後日25日の巨人との強化試合では守備や代走での途中出場の可能性はあるが、打席に立つことはない見込み。打撃に関しては初戦の28日のドミニカ共和国戦(福島)での「ぶっつけ本番」となるが「本当に最高のパフォを出せるように、それだけ考えて準備している。

とにかく金メダルが取れるように、少しでも力になれるように頑張るだけです。(現状のスイングの強度は)100です!」と明るい表情だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月23日のニュース