早実・福太郎が会心打 5回コールドで5回戦進出 和泉実監督「つながりを大切に」

[ 2021年7月23日 05:30 ]

全国高校野球選手権西東京大会4回戦   早実15ー0都福生 ( 2021年7月22日    市営立川 )

<早実・都福生>勝利に貢献した清宮
Photo By スポニチ

 早実(西東京)は、都福生を5回コールドで下し、5回戦進出を決めた。

 日本ハム・清宮の弟・福太郎主将(3年)は3回の第3打席、1死満塁から走者一掃の左中間三塁打を放ち「高めの球に手を出さないことをチームで徹底しようと言っていた」と会心の当たりを振り返った。

 和泉実監督は「元々そんなに打てるチームじゃない。つながりを大切にしたい」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月23日のニュース