広島・松山&龍馬 みんな帰ってくるまで任せろ!実戦は16日DeNA戦以来も、心配ご無用

[ 2021年5月27日 05:30 ]

外野ノックを受ける西川(球団提供)
Photo By 提供写真

 広島・松山と西川が、27日に再開される西武戦で11日ぶりに実戦復帰する。主力の鈴木誠、菊池涼らが陽性となり、中軸としての活躍が期待される2人。個人練習後にオンライン取材に応じ「彼らが帰ってくるまでチームを引っ張っていけるように結果で応えたい」(松山)、「主力の穴を埋められるように、1人1人が全力で戦えたら」(西川)と意気込みを語った。

 ともに濃厚接触者ではないものの、球団判断で「感染拡大防止特例2021」に基づいて18日に登録を抹消。巨人戦(18、19日=東京ドーム)には同行しておらず、実戦は16日のDeNA戦以来となる。チーム練習ができていない影響やブランクが懸念されるが、松山は「自分なりに考えて練習してきた」と言葉に力を込める。

 2年ぶりの交流戦。再開後の逆襲に向け、「パの投手は球が強い印象。直球に振り負けない打撃をしたい」と西川。松山は、西武の先発・ニールに対して「打たせて取る投手。打たされないように自分の打撃を心掛け、チーム一丸で崩したい」と闘志を燃やした。 

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年5月27日のニュース