楽天・則本 自身初の1イニング3被弾、「調子良かった」3回まで1安打投球も4回暗転

[ 2021年5月27日 05:30 ]

交流戦   楽天2-5巨人 ( 2021年5月26日    東京D )

<巨・楽>4回2死、このイニング3本目の本塁打を大城に浴び、ぼう然とする則本昂(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 楽天の先発・則本昂が自身初となる1イニング3被弾など4回5失点で2敗目。

 「(調子は)良かった」と振り返るように3回まで1安打無失点と快投も4回に崩れた。岡本和、若林、大城の本塁打はいずれも初球を運ばれ「1試合で3本打たれたらダメですね」と反省。

 2連敗でカード負け越しが決まった石井監督も「4回がもったいなかった。もうちょっと(初球の)入り方を考えていければ」と先発右腕に苦言を呈した。

 【島内センセイ快音語録】打ったボールはどうでも良いです。良い選手は使っているバットが良いから打てるんですね。炭谷さん、あざす。(6回1死二塁で右前適時打)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月27日のニュース