日本ハムの井口がコロナ感染 チーム14人目

[ 2021年5月11日 12:04 ]

日本ハム・井口
Photo By スポニチ

 日本ハムは11日、井口和朋投手(27)がPCR検査の結果、新型コロナウィルス陽性判定を受けたと発表した。

 井口は10日に受けた検査の結果で陽性が判明した。球団は井口の陽性判定後、1軍帯同者にPCR検査を実施。全員陰性だった。

 チームは10日時点で新型コロナウイルス感染者が計13人にまで拡大。2日の西武戦(札幌ドーム)、3日からのロッテ3連戦(ZOZOマリン)が中止となり、札幌市保健所の指示を受けて公式戦期間中ではプロ野球で初となる活動停止となった。保健所の許可が降り、7日の楽天戦(札幌ドーム)から試合を再開していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月11日のニュース