巨人が20勝到達、今季初の貯金8 2―2の9回に若林1号&吉川3号連弾で決着 DeNA今季巨人戦0勝

[ 2021年5月11日 20:42 ]

セ・リーグ   巨人4―2DeNA ( 2021年5月11日    横浜 )

<D・巨7>9回1死、若林は右越えソロ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 巨人は9回に相手守護神・三嶋から若林、吉川が2者連続アーチを放ち、4―2でDeNAを下して2連勝。20勝に到達し、今季初の貯金8とした。DeNAは3連敗で借金14。今季巨人戦成績は5敗2分けとなった。

 巨人は2―2で迎えた9回、先頭・スモークが内角直球に見逃し三振に倒れた後、若林が三嶋の投じたフォークを右翼ポール際に1号ソロ本塁打して勝ち越し。さらに吉川はスライダーを左中間スタンドに叩き込む3号ソロと2者連続アーチで4―2とし、その裏を4番手左腕・中川で逃げ切った。

 DeNAは0―1で迎えた初回、オースティンの左越え6号ソロで同点。1―2で迎えた5回にはオースティンの左前適時打で追いついたが、なおも続いた1死一、二塁で牧、ソトが凡退。7回の1死一、二塁も佐野、牧にあと1本が出なかった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月11日のニュース