強いよ、オリックス 8回1失点の宮城が4勝目 杉本&T-岡田のアーチ競演と投打ガッチリ

[ 2021年5月11日 20:36 ]

パ・リーグ   オリックス9ー1日本ハム ( 2021年5月11日    札幌D )

<日・オ(7)>8回1失点の好投で4勝目を挙げたオリックス・宮城(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 オリックスが投打がかみ合って快勝した。

 先発宮城大弥投手(19)は2―0の初回1死、杉谷に本塁打を許し、昨年10月4日のプロ初登板から続けていた被本塁打0は51回2/3でストップ。しかし2回以降は完全にペースをつかみ、3回から5イニング連続で3者凡退。プロ最長タイの8回を投げ、1失点で4勝目を手にした。規定投球回も満たし、防御率1・45は僚友の山本を抜き、トップに立った。

 打線も杉本、T―岡田の2試合連続本塁打などで9得点。ガッチリと投打がかみ合った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月11日のニュース