ソフトバンク・バレンティンが先制打、19打席ぶり安打にホッ「打ててよかった」

[ 2020年7月14日 18:36 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―オリックス ( 2020年7月14日    京セラD )

<オ・ソ>1回1死一、二塁、バレンティンは右中間に先制の2点適時二塁打(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・バレンティンが初回に先制打を放った。

 1死一、二塁の好機で打席に入るとアルバースのツーシームを中前にはじき返し、相手守備のミスもあって2点を奪った。8日の楽天戦以来、5試合19打席ぶりの安打が先制打となった。互いに3連勝で迎えた好調同士の対戦で先手を取る打撃にバレンティンは「先週はなかなかいい打撃が出来なかったので、週も替わっての1打席目に打ててよかった」とほっとした表情を浮かべた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月14日のニュース