西武 室内練習場で汗、15日先発の今井が意気込み「序盤抑えいい流れつくりたい」

[ 2020年7月14日 18:27 ]

パ・リーグ   楽天―西武 ( 2020年7月14日    楽天生命パーク )

<楽・西>中止が発表された楽天生命パーク(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 西武は敵地の楽天6連戦初戦が雨天中止。ナインは楽天生命パークの室内練習場で汗を流した。

 あす15日に先発する今井達也投手も、軽めのキャッチボールなどで調整。首位の難敵相手に「序盤から大量点を取るイメージ。序盤を無失点に抑えいい流れをつくりたい」と意気込んだ。昨季自己最多7勝の22歳は、8日のロッテ戦で7回無失点の今季初勝利。連勝を狙うマウンドの相手先発は涌井で、今年1月に志願して自主トレに同行した師匠的存在だ。プロ初対決の先輩に「いい成績を残すのが恩返しとなる。負けないように投げたい」と闘志を燃やした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月14日のニュース