ソフトバンク・千賀が2勝目 お立ち台で“松田宣いじり”、甲斐と打線に感謝も

[ 2020年7月14日 22:03 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―オリックス ( 2020年7月14日    京セラD )

<オ・ソ>ヒーローインタビューでファンに応える千賀(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 千賀が6回4安打2失点で今季2勝目を挙げ、ヒーローインタビューでは「松田宣いじり」でスタンドを湧かせた。

 インタビュアーに「楽しみにしていたジョーンズ選手との対戦はどうでしたか?」と聞かれると、「三塁ゴロが行ったので笑ってしまいました」と言って、この日三塁を守っていた松田宣がいる味方ベンチの方をちらり。

 17年のWBC準決勝、日本―米国戦(ドジャースタジアム)。1―1の同点で迎えた8回表1死二、三塁の場面で米国の2番・ジョーンズの三塁ゴロを松田宣がファンブル。勝ち越し点を許して日本が決勝進出を逃す結果となった。

 まさかの因縁を持ち出していたずらっぽく笑った千賀だが、右前腕部の張りなどから復帰しての2勝目については「(甲斐)拓也のリードと打線の援護のおかげ」と感謝の言葉を忘れなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月14日のニュース