巨人・丸 バックスクリーンに豪快弾「久しぶりの感触」、右足親指順調な回復

[ 2020年6月7日 15:58 ]

練習試合   巨人―ヤクルト ( 2020年6月7日    東京ドーム )

<練習試合 巨・ヤ>2回1死 ソロを放った丸(8)を、まるポーズで出迎える原監督(右)、湯浅(左)らナイン(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 巨人・丸佳浩外野手(31)が、5点リードの2回1死、中堅バックスクリーンに飛び込むソロ本塁打を放った。

 第2打席で、相手先発左腕・高橋の外角直球を捉える豪快な一発。「久しぶりの感触でした!打てて良かったです」と話した。ベンチに戻ると、原監督やチームメートらと頭上で両腕の円を作るおなじみの「丸ポーズ」で喜んだ。

 右足親指痛から5日に実戦復帰し、初回の第1打席には右前打も記録。開幕へ向け順調な回復ぶりを見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月7日のニュース