西武・木村 スパンジェンバーグに続く2者連弾! 開幕は“恐怖の9番”で出場濃厚

[ 2020年6月7日 05:30 ]

練習試合   西武5―7中日 ( 2020年6月6日    メットライフD )

<西・中>4回1死、勝ち越しソロ本塁打を放つ木村文(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武の8番の木村が4回にスパンジェンバーグに続いて、左中間席に2者連発となるソロを放った。

 昨季は自己最多タイの10本塁打を放ち、開幕は9番での出場が濃厚。前日も逆転の2点二塁打を放つなど、好調の31歳は「打ったのは公式球、いやスライダーです」と冗談を交えつつ、「スパンジーがいいホームランを打ってくれて、その流れで打つことができました。感触は良かった。完璧でした」とうなずいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月7日のニュース