DeNAの最強2、3番 ソト&オースティンが特大連続弾 左翼最上段に左中間場外!

[ 2020年6月7日 15:15 ]

練習試合   DeNA―日本ハム ( 2020年6月7日    横浜 )

<練習試合 D・日>6回無死、左越えソロを放ったオースティン(右)はソトと足タッチ(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの最強2、3番コンビが特大アーチで競演した。

 1―0の6回無死一塁。2番のソトが吉川の直球を捉えると、打球は左翼席最上段へ。2試合連続弾に「スゴイ!ストレートのタイミングで、感触良く捉えることができました」と笑顔を見せた。

 さらにメジャー通算33発男が続く。3番に座ったオースティンが、直球を振り抜くと、打球は左中間場外へと消えた。2日楽天戦以来のアーチに「ヤッター!1、2打席タイミングが合っていなかったので、しっかり修正してアジャストすることができ良かったです」と安どした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月7日のニュース