中日・ビシエド 「完璧」弾 調子グングン5戦3発「他の打席も良い感じ」

[ 2020年6月7日 05:30 ]

練習試合   中日7―5西武 ( 2020年6月6日    メットライフD )

<西・中>3回、中越えソロ本塁打を放つビシエド(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 いよいよ臨戦態勢に入った。中日・ビシエドが6日の西武との練習試合で3回にバックスクリーンへソロアーチ。2ボール2ストライクからの5球目、松本の146キロ直球を振り抜くと、確信したようにゆっくりと一塁ベースへ歩き出した。

 「ホームランは完璧な当たりだったし、他の打席もかなり良い感じで打てた」

 5回の第3打席も右前打を放ち、マルチ安打。これで練習試合が再開された2日のヤクルト戦で2本塁打を記録してから5試合連続安打、5戦3発となり「1試合ごとに良くなっているね」と日に日に調子を上げている。与田監督に「強引に引っ張りにいかない。逆に広角に打とうとすることが今、良い状態になっている」と言わせ、安堵させた。

 7回に脇腹付近へ死球を受け、大事を取って交代したが「当たった瞬間、痛かったけど、今は大丈夫」と軽傷を強調。7日の出場に影響はなさそうだ。「良い形の打席が多くなるよう1日、1日やっていきたい。公式戦で良いスタートが切れるようにしたいね」と竜の主砲はスタートダッシュを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月7日のニュース