ヤクルト・高橋 2回もたずKO 1回1/3を6安打6失点 制球に苦しむ

[ 2020年6月7日 15:00 ]

練習試合   巨人―ヤクルト ( 2020年6月7日    東京ドーム )

<練習試合 巨・ヤ>2回1死、丸(後方)にソロ本塁打を浴びる高橋(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 開幕ローテーションの一角として期待されるヤクルト・高橋が、1回1/3を6安打6失点でKOされた。

 直球は最速150キロをマークするなど力があったが、ファウルで粘られた上に細かい制球で苦しんだ。

 亀井の適時打で先制を許した初回だけで実に36球。2回にはパーラ、炭谷の連続二塁打で2点目を献上すると、1死一、二塁からは湯浅、丸に連続アーチを浴びた。打たれたのは球威の落ちた直球だった。

 結局、1回1/3を64球、6安打2四球6失点で降板した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月7日のニュース