メジャー44勝右腕のハービー 韓国球界入り視野 代理人のボラス氏が複数球団と接触の模様

[ 2020年6月7日 02:30 ]

メッツ時代に活躍したマット・ハービー(AP)
Photo By AP

 メッツ時代の13年にオールスターに選出されたメジャー通算44勝の右腕マット・ハービー投手(31)が、韓国球界でプレーする可能性が出てきた。

 ニューヨーク・ポスト紙によると、代理人のスコット・ボラス氏が複数球団と接触したという。ハービーは15年に自己最多の13勝を挙げたが近年は故障に苦しみ、昨季はエンゼルスで12試合に登板して3勝5敗、防御率7・09。8月にアスレチックスに移籍し、オフにFAとなっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月7日のニュース