日本ハム・栗山監督 無安打1三振の清宮に「ワクワクしない。打球が寂しいのよ」奮起促す

[ 2020年6月7日 17:30 ]

練習試合   日本ハム0―4DeNA ( 2020年6月7日    横浜 )

<練習試合 D・日>4回1死一塁、中飛に倒れた清宮(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 日本ハム・栗山監督が、若手主体で臨んだDeNAとの練習試合に「4番・一塁」で先発出場も3打数無安打1三振に終わった清宮に奮起を促した。

 「3番・一塁」で先発した2年目・野村が2打数1安打1盗塁の活躍を見せたことに「いいね~、ワクワクするね」と目尻を下げた後、「何なんだろうね、幸太郎のワクワクしなくなっちゃった感じは。打球が寂しいのよ」と不満を口にした。

 この日の清宮は左腕・石田と対戦した初回はスライダーに空振り三振。4回は高校時代からのライバル・桜井と対戦し、詰まらされながら中堅フェンス手前まで飛ばしたが中飛に打ち取られた。6回は右腕・進藤に力ない中飛に打ち取られた内容に、指揮官は「本人に聞くと“いやいや、全然大丈夫です”とは言うけど、全然大丈夫じゃないよね。何を聞いても“調子がいいです”としか言わないんだけど、今日の打球を見ている限りでは調子のいい打球ではないよね」と期待するからこそ厳しい言葉を投げかけていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月7日のニュース