阪神・岩貞 先発返り咲きテストで5回2失点 開幕2戦目、20日の巨人戦先発に急浮上

[ 2020年6月7日 05:30 ]

練習試合   阪神6-2ソフトバンク ( 2020年6月6日    甲子園 )

<練習試合 神・ソ> 力投する岩貞(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 照準はピタリと定まった。6・20、開幕2戦目の巨人戦だ。岩貞が先発返り咲きテストに合格。3年連続日本一のソフトバンク相手に5回6安打2失点。開幕ローテ5人目の座を確実にした。

 「久しぶりの先発で、配球も鈍っていたし、考えが甘いところもあった。そこを原口に助けられた。うまくリードしてくれて、ゲームを作れたのは良かった」

 立ち上がりに3安打を集中され、2点を失った。本領発揮は打順2まわり目の3回だった。上林を4球連続直球勝負で空振り三振に仕留めると、好調・柳田は腕を振った変化球で空振り三振。初回に2点打を許した松田宣は外角145キロで二直に封じ込めた。球の強度と精度。求められるレベルをクリアしてみせた。

 「初回の失点は次回への課題だけど、その後は1個ボールを低くしたり、腕を振ったりで修正することが出来たと思う」

 キャンプから春先までは中継ぎ要員だった。しかし、同じ左腕の高橋の調整遅れ、そして藤浪の2軍降格で、巡ってきた先発チャンス。昨年5月にインフルエンザで戦列離脱し、登板8試合2勝4敗に終わった悔しさを晴らすためにも、ここで意地を見せたい。同年代の原口とのバッテリーで2回からは立ち直り、及第点を勝ち取った。

 矢野監督からも「修正してほしいところもあったが、一つ一つの球も含め全体的には良かった」と収穫を強調された。チーム活動休止期間中も家のベランダで体力強化を怠らなかった。あとは真剣勝負の場に進むだけだ。(鈴木 光)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月7日のニュース