ソフトB・バンデンハーク 4回途中1失点5奪三振 失策絡みの最少失点で降板

[ 2020年3月3日 14:41 ]

オープン戦   ソフトバンク―ヤクルト ( 2020年3月3日    ペイペイドーム )

オープン戦<ソ・ヤ>4回途中、降板し笑顔のバンデンハーク(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのリック・バンデンハーク投手(34)が3日、本拠地で行われたヤクルトとのオープン戦に先発登板。4回途中を1失点(自責0)で降板した。

 初回は1番・坂口と2番・吉田大成を左飛、3番・山田を遊ゴロに打ち取る立ち上がりで、2回は1死から5番・エスコバーに左前打を許すが後続を抑えて無失点。3回は2死から味方の失策と盗塁により二塁まで進まれた後に、吉田に中前適時打を浴びて先制された。

 その後は4回、1死一、二塁とピンチの場面で7番・西浦から外角のナックルカーブで空振り三振を奪ったバンデンハーク。ここで交代となり、3回2/3で76球を投げ、3安打1失点(自責0)1四球、5奪三振という内容だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月3日のニュース