巨人、OP戦初の零敗で4連敗 高田が中田&清水に2発被弾 日本ハムは新人5投手&公文が無失点リレー

[ 2020年3月3日 20:35 ]

オープン戦   巨人0―3日本ハム ( 2020年3月3日    札幌D )

<日・巨>5回死1死三塁、清水に2点本塁打を打たれた高田(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 セ・リーグ連覇を狙う巨人は3日、日本ハム戦(札幌D)に0―3で敗れてオープン戦4連敗を喫した。零封負けはオープン戦7試合目で初めて。

 先発投手の2年目左腕・高橋は2回を投げて打者6人をピシャリと抑えたが、2番手の高田が4回、中田に先制の左越え2号ソロを許すと5回には清水に1号2ランを被弾して4回4安打3失点。打撃陣は計4安打と奮わなかった。

 日本ハムはドラフト1位ルーキーの河野が4回1安打、4位の鈴木健が1回1安打、5位の望月が1回2安打、育成ドラフト3位の長谷川が1回無安打、ドラフト2位の立野が1回無安打と新人5投手が8回まで無失点リレー。最後は2016年まで巨人に在籍した公文が1回無安打で6投手による完封リレーを締めくくり、オープン戦開幕3連敗の後で3連勝を飾った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月3日のニュース