公式戦再開は…斉藤コミッショナー「科学的根拠に基づき決断」村井チェアマン「専門家の意見をベースに」

[ 2020年3月3日 05:30 ]

NPBとJリーグ「新型コロナウイルス対策連絡会議」設立

<新型コロナウイルス対策連絡会議の設立に関する会見>大勢の報道陣の前で会見するNPBの斉藤コミッショナー(中央左)とJリーグの村井チェアマン(中央右)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)と日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が2日、都内で会見を開き、3日に「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設立することを発表した。専門家チームを置き、3月中旬をめどに答申を受ける。プロ野球は15日までのオープン戦を無観客とし、Jリーグも同日までの公式戦延期を決めた。新型コロナウイルス感染拡大の中、スタジアムに歓声を取り戻すため、日本プロスポーツ界の両巨頭が手を取り合った。

 【NPB&Jリーグ両トップに聞く】

 ――開幕や再開日が迫る中、専門家が無理と言えば公式戦は開催できないのか?

 斉藤コミッショナー「それを解明するため、先生方を入れて、現場の意見も交える。状況も変わるので、そこも含めて判断する」

 村井チェアマン「現時点で決めているものはない。専門家の意見をベースに判断したい」

 ――3月中旬の答申は、公式戦実施へどこまで踏み込んだものか?

 斉藤コミッショナー「純粋な医療として分析いただく。先生方に“開催しても良い”ということをお願いするのは無理。決定は我々がする。科学的根拠に基づいて決断するために意見を頂く」

 ――両団体が協力し合うことで、他競技団体への影響も大きい。

 村井チェアマン「影響力、範囲は身の引き締まるというか大変緊張感のあるところ。まず命と健康だが、複眼的に考えたい。飲食、宿泊、交通などさまざまな人がスポーツを支えている。私だけではサッカー界に偏りがある。野球界に関わりがある方にご縁をつないでもらった」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月3日のニュース