中畑清氏 マエケンVS筒香の日本人対決「内容的には筒香に軍配」

[ 2020年3月3日 02:30 ]

オープン戦   レイズ8―2ツインズ ( 2020年3月1日    ポートシャーロット )

筒香と前田のメジャー初対戦をスタンドから見届けた中畑清氏(撮影・奥田 秀樹通信員)
Photo By スポニチ

 【観戦記】マエケンと筒香の日本人対決。2打席いずれも外野フライだったけど、内容的には筒香に軍配を上げたいね。

 最初の左飛は1―2と追い込まれながら外角低めのチェンジアップをうまく拾った。2人の間では「初球チェンジアップ」ということになっていたらしいんだけどね。初球は真っすぐ。機先を制されながら球際の強さを感じさせた。

 次の右飛は逆風がなければ100%ホームランだったよ。こちらも追い込まれてから。これまでなら空振りしてるかもしれないスライダーをしっかり捉えた。本人は手応えがあったんじゃないかな。

 この日はメジャーで最強説が唱えられる2番での起用。キャッシュ監督の信頼と期待が感じられるね。とにかく笑顔がいい。この流れで開幕に突入し、ケガなくシーズンを過ごせたら、かなりの結果がついてくると思う。

 マエケンは移籍1年目とはいえメジャー5年目。球威、切れともこれから上げていくんだろうな。(スポニチ本紙評論家・中畑 清)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月3日のニュース