広島・藤井皓が1軍合流 逆転開幕1軍へ新たな武器シュートを習得

[ 2020年3月3日 05:30 ]

広島の藤井皓
Photo By スポニチ

 広島・藤井皓が2日、マツダスタジアムで行われた全体練習で1軍に合流した。今春キャンプは17年以来の2軍スタートだったが、新たな武器を手にし、戻ってきた。

 「下で自分の思うようなキャンプを過ごせた」

 昨秋から真っすぐのスピードを含めて精度を上げることに努め、春季キャンプでは勝負球のフォークに加え横の変化を手に入れるべく、新球シュート習得にも励んだ。

 「右打者の内角に投げ切れない部分があったけど、シュートを覚えて投げ切れるようになった。投球の幅も広がると思う」

 昨季はウエスタン・リーグで防御率0・33の好成績も1軍登板は4試合のみ。「開幕1軍を目指して、3月に上がろうと意識して過ごしてきた。やってきたことを出したい」と逆転での開幕1軍へ意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月3日のニュース