JFE東日本のドラフト候補スラッガー・今川 スポニチ大会中止なんの オープン戦で1号含む4安打

[ 2020年3月3日 21:47 ]

オープン戦   JX―ENEOS8―5JFE東日本 ( 2020年3月3日    ENEOS等々力グラウンド )

<JFE東日本・JX―ENEOS>4安打と爆発した2番のドラフト候補、今川
Photo By スポニチ

 スポニチ大会の中止が決まって一夜明け、大会に出場予定だったJX―ENEOSとJFE東日本がオープン戦を行った。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、関係者以外立ち入り禁止の無観客試合として実施。4球団のスカウトが視察する中、昨年都市対抗を制したJFE東日本の右の大砲で今秋ドラフト候補の今川優馬外野手(23)が「2番・中堅」で先発し、3回に「今季1号」となるバックスクリーン越えの特大2ランを放つなど4安打と爆発。「1本目が出てホッとした。オフシーズンの練習の成果が出た。大会の中止は残念だが今できることをやる」と前を向いた。

 今後のJABA大会の実施は現時点で不透明。今年は社会人入り後初めてJABA北海道大会に出場予定で、故郷へ凱旋を心待ちにしているだけに「なんとかやってほしいが…今はブレることなく、どう結果を残すかということに集中したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月3日のニュース