日本ハム・中田が先制のOP戦2号ソロ「いいイメージでバットが振れている」無人の左翼席へ初球をズドン

[ 2020年3月3日 19:35 ]

オープン戦   日本ハム―巨人 ( 2020年3月3日    札幌D )

<OP戦 日本ハム・巨人>4回2死、中田は先制ソロホームランを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 日本ハムの主砲・中田翔内野手(30)が3日の巨人戦(札幌D)で4回に先制となる2号本塁打を放った。

 「4番・一塁」で先発出場した中田は2回の第1打席は左飛に終わったが、4回の第2打席に2死走者なしの場面で入ると、巨人2番手・高田が投じた初球のカットボールを無観客試合のため無人の左翼スタンドへと叩き込んだ。

 ▼日本ハム・中田 積極的に打ちにいった結果がいい形になって良かったです。感触も悪くなかったし、いいイメージでバットが振れていると思います。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月3日のニュース