巨人 原監督、新外国人3選手に大きな期待 さらに若手の成長も「勝つ上においては重要」

[ 2020年1月29日 15:43 ]

<巨人・新外国人入団会見>笑顔でグータッチする(左から)ビエイラ、パーラ、原監督、サンチェス(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 入団会見に同席した原辰徳監督(61)が、ヘラルド・パーラ外野手(32=ナショナルズ)ら新外国人3選手に大きな期待を寄せた。

 「今年の戦力補強という点においては外国人、特にこの3人の補強というはのは非常に大きい。それと同時にその部分でしかない、という風にも思っております」。今オフは7年ぶりにFAでの戦力補強はなく、ドラフトで獲得した6選手の内、5人が高卒と将来性に期待するルーキーがそろった。

 そんな中、メジャー通算1312安打の超大物を筆頭に、昨季韓国リーグで17勝を挙げたサンチェス、最速167キロで勝利の方程式の一角として期待できるビエイラの獲得は大きな戦力補強となった。指揮官は「3人がジャイアンツに加入してくれたというのはとても大きい。あとはジャイアンツの若い選手達がさらに2020年度ステップアップするということが、チームが勝つ上においてはとても重要なことだと思っております」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月29日のニュース