WBC 本戦出場チーム数「16」から「20」に拡大 来年3月開催予定

[ 2020年1月29日 09:45 ]

2017年の第4回WBC。初優勝を果たし喜ぶ米国代表ナイン
Photo By スポニチ

 野球の国・地域別対抗戦のワールド・ベースボール・クラシック(WBSC)の主催者のワールド・ベースボール・クラシック・インク(WBCI)は28日(日本時間29日)、来年21年3月に開催予定の第5回大会の本戦出場チーム数を20に拡大すると発表した。17年の前回大会までは16チームが本戦に出場していた。

 日本を含む前回大会に出場した16チーム(日本の他、米国、韓国、オーストラリア、カナダ、中国、台湾、コロンビア、キューバ、ドミニカ共和国、イスラエル、イタリア、オランダ、メキシコ、プエルトリコ、ベネズエラ)は既に本戦出場が確定。残る4チームは今年3月にアリゾナ州トゥーソンで行われる予選で決められる。

 予選は2組に分けられて開催。3月12~17日のプール1はブラジル、フランス、ドイツ、ニカラグア、パキスタン、南アフリカが出場。3月20~25日のプール2はチェコ、英国、ニュージーランド、パナマ、フィリピン、スペインで争われ、各プール上位2チームが本戦への出場権を得る。

 17年の前回大会は米国が初優勝を飾った。日本は準決勝でその米国に敗れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月29日のニュース