タイガースアカデミー 日本最大級スポーツスクール運営会社と提携、競技人口獲得目指す

[ 2020年1月29日 16:19 ]

タイガースアカデミーとリーフラスのベースボールスクール業務提携を発表した(左から)鶴直人アカデミーコーチ、和田豊TA、清水奨常務取締役、伊藤清隆社長、安田健近畿支社支社長、青木剛近畿支社副支社長(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神が運営するタイガースアカデミーは、近畿圏での野球の底辺拡大と新たな競技人口獲得を目指し、会員数4万6000人以上の日本最大級のスポーツスクールを展開するリーフラス社と事業提携を結んだことを29日、発表した。

 リーフラス社が近畿圏53会場で運営するベースボールスクール「ポルテ」を、今春から「ポルテ×タイガースアカデミーベースボールスクール」として展開。アカデミーコーチによる指導者講習会、特別スクールの実施。阪神主催試合への招待や優待などを行い、アカデミーの提携校として活動していく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月29日のニュース