夏の甲子園 組み合わせ抽選は8月7日午後4時から、遅い開幕で代表校の練習試合OKに

[ 2020年1月29日 15:40 ]

甲子園球場
Photo By スポニチ

 日本高野連は29日、大阪市内で第102回全国高等学校野球選手権大会の第1回運営委員会を開き、組み合わせ抽選会の日時を8月7日午後4時からとすることを発表した。

 東京五輪開催に伴い、大会開幕日が8月10日と例年に比べて遅くなり、地方大会決勝から全国大会初戦まで間が空きすぎる代表校が多くなることを配慮し、代表校の練習試合を条件付きで認めることを決定。全国大会試合規定に「今大会に限り、甲子園入りするまでに同一地方大会に出場した加盟校と調整を目的とした練習試合を行ってもよいものとする」と但し書きを加える。

 暑さ対策として主催者側は一、三塁側の両アルプス入場門に設置する学校応援団向けの日よけ大型テントを10張増やし、計20張設置。加えてミスト扇風機を10台増やし、計18台設置することを決定した。阪神甲子園球場は2019年に28台増設した場内通路のエアコンを約2500万円をかけて10台増設し、施設整備・充実を図る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月29日のニュース