ロッテ 石崎、自主トレ合流即ブルペンで36球 移籍2年目へ「何がなんでも1年間、1軍に」

[ 2020年1月29日 17:00 ]

<ロッテ自主トレ>ブルペンで投球する石崎(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ロッテ・石崎剛投手(29)が29日、沖縄・石垣島での先乗り自主トレに合流し、いきなりブルペンで投球練習を行った。

 この日は曇り空で時折、雨がパラつくなど気温16度だったが、ドラフト2位・佐藤都志也捕手を相手に力強く36球を投げ込んだ。「今日は気温が低くていい感じで入れなかった」と言いながらも、前日まで沖縄本島の宜野座で阪神時代の先輩・藤川に教えを受けて体を仕上げてきた成果はしっかりと垣間見られた。

 「何がなんでも1年間、1軍にフルでいたい」。昨季途中に移籍加入したが、2球団で計4試合しか登板できなかった。17年に侍ジャパンとしてアジアプロ野球チャンピオンシップにも出場した右腕が、巻き返しを図る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月29日のニュース