西武・多和田 春季C不参加 自律神経失調症で契約保留中

[ 2020年1月29日 05:30 ]

西武・多和田
Photo By スポニチ

 西武は28日、昨年12月に自律神経失調症を発表し、契約保留選手の多和田真三郎投手(26)が、春季キャンプ不参加になることを発表した。

 18年には16勝で最多勝を獲得し、4年目の昨季は開幕投手も務めたが1勝に終わった。15日から埼玉県所沢市内の室内練習場で練習を再開し、渡辺久信GMは20日に「行けてB班(2軍)だけど、できれば連れていきたい。直前に医師と相談して判断する」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月29日のニュース