巨人新外国人 パーラが入団会見「重要な責任を感じている」、いきなりシャークダンス披露

[ 2020年1月29日 15:10 ]

<巨人・新外国人入団会見>自身の背番号の入ったサメのグッズを手にサメポーズを見せるパーラ(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人の新外国人ヘラルド・パーラ外野手(32=ナショナルズ)が29日、入団会見でいきなり「シャークダンス」を披露した。

 「100%の力を出し切りたい。重要な責任を感じている。チームに貢献したい」と意気込んだ会見後の壇上。背番号「88」の新ユニホームに袖を通すと、球団からサプライズで3月に発売予定の「シャークパペット」の試作品が手渡された。会場には「ベビー・シャーク」が流れ、世界的に有名になったパフォーマンスを披露して沸かせた。

 メジャー通算1312安打、88本塁打の強打者。昨季はナショナルズでワールドシリーズ制覇に貢献した。原監督は「(ポジションは)ライトフィールド。私の希望はクリーンアップを打ってもらう。岡本の後ろで守って、共に相手を打ちのめすという形になってくれることを望んでいます」と、「5番・右翼」での起用を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月29日のニュース