阪神 高橋、宜野座で52球 沖縄は修学旅行以来 初の開幕ローテ入りだ

[ 2020年1月29日 17:31 ]

<阪神合同自主トレ>ブルペンで投げ込む高橋(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神の高橋遥投手(24)が29日、キャンプ地の「かりゆし宜野座」でブルペン入りし52球を投じた。過去2年はいずれも2軍高知キャンプスタートで、宜野座はプロ入り初。土の感触も確かめながら腕を振り「投げやすかったです」とうなずいた。

 ツーシームなど変化球も交えての内容に「トレーニングは続けてきたので強いボールはいっていた。(変化球は)しっかり修正していきたい」と今後の課題も口に。沖縄を訪れるのは、高校2年時の修学旅行以来。自身初の開幕ローテ入りへ南国で好スタートを切りたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月29日のニュース