日本ハム新球場、国内最高金額で命名権契約 名称は「エスコンフィールド北海道」23年開業

[ 2020年1月29日 16:58 ]

新球場の名称「エスコンフィールド北海道」のボードを掲げる(左から)日本ハム・川村球団社長、日本エスコン・伊藤社長、北広島市の上野市長
Photo By スポニチ

 プロ野球日本ハムとファイターズスポーツ&エンターテイメントは29日に札幌市内で会見を開き、2023年に北海道北広島市に開業する予定の新球場の命名権(ネーミングライツ)契約を東証1部上場の不動産会社「日本エスコン」と締結したと発表した。名称は「ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコンフィールド北海道)」となる。

 ファイターズスポーツ&エンターテイメントの前沢賢事業統括本部長は契約内容について「期間は今年1月から10数年。金額は、現在の国内最高額である日産スタジアムの年間4・7億円(ニールセンスポーツ調べ)を超える」とした。今年5月の着工を前にした命名権締結は異例。施設命名権にとどまらず、ボールパーク構想の推進にも日本エスコンが関わっていくことになる。ホテルなどの不動産開発も手掛ける見込みで、会見で登壇した伊藤貴俊社長は「世界にまだ見ぬボールパーク、という言葉に感銘を受けた。ファイターズさんと一緒に作り上げていきたい」と語った。

 球場は収容人数が約3万5000人で、日本初の開閉式の屋根を備えた天然芝球場となる。また、日本ハムは総工費600億円をかけて整備するボールパークエリア全体の名称を「北海道ボールパークFビレッジ」とすることも発表した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月29日のニュース