ロッテ・西野1000万増7000万円に笑顔「まだ伸びしろある」

[ 2019年12月3日 18:58 ]

<ロッテ契約更改>年俸アップでサインし報道陣の質問に答える西野(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ロッテ西野勇士投手(28)が3日、ZOZOマリンで交渉し、1000万円増の年俸7000万円で契約を更改した。

 「チームの穴をうまく、埋めることができたと評価してもらった。ここ数年は結果が出なくて、こうやって1軍に1年間居続けられたのは良かった」

 今季は中継ぎスタートだったが、途中に先発転向。37試合に登板し2勝3敗5ホールド、2セーブ、防御率2・96。9月7日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)ではプロ初完封を記録するなど復活を印象づけた。

 かつての守護神が復調した要因の一つは今オフも渡米し、取り組んだ米シアトルのドライブライン・ベースボールでの練習にある。「結果が出たのでそのまま、取り組みたい」と西野。今年10月に2週間、現地でトレーニングし「まだ自分に物足りない。まだまだ伸びしろがある。抑えをやっていた時を考えるとまだまだ、こんなもんじゃない」とさらに高みを見ている。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月3日のニュース