巨人・若林は1020万円増 勝負の来季「“セカンドは若林だ”と言われるように」

[ 2019年12月3日 12:43 ]

<巨人契約更改>1020万円アップでサインした若林晃弘(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・若林晃弘内野手(26)が3日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1020万円増の1900万円でサインした。

 2年目の今季は77試合に出場し打率・239、5本塁打、21打点の成績を残した。「試合に出続ける難しさ、日本シリーズの緊張感も経験させてもらった。経験値が増えたシーズン」と振り返った。

 来季は背番号が「60」から「37」に変更となる。「来年の1年が勝負。背番号に恥じないように。(二塁手争いを)抜け出して“セカンドは若林だ”と言われるような選手になりたい」と意気込んだ。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月3日のニュース