渡辺俊介氏 かずさマジック新監督に「持っている勝ち運を使って頂点に立ちたい」

[ 2019年12月3日 05:30 ]

社会人野球・かずさマジックの新監督に就任した渡辺俊介氏は鈴木前監督(左)から激励される
Photo By スポニチ

 社会人野球の日本製鉄かずさマジックは2日、鈴木秀範監督(48)が今年限りで退任し、新監督に元ロッテの渡辺俊介コーチ(43)が就任すると発表した。

 この日、千葉県内で行われた納会で報告された。渡辺新監督は「野球人としての勝ち運を見込まれたのだと思う。チームが一つになって私の持っている勝ち運を使って、都市対抗、日本選手権の頂点に立ちたい」と抱負を語った。

 鈴木監督は拓大紅陵―法大を経て、新日鉄君津(当時)でプレー。08年に監督に就任し13年には都市対抗4強、日本選手権優勝に導いた。渡辺コーチは下手投げから「サブマリン」の異名を取り、ロッテ時代は05年に15勝を挙げるなど通算87勝をマーク。日本代表では00年シドニー五輪に出場したほか06、09年WBCでは連覇に貢献した。15年12月から古巣のコーチに就き、選手登録もされて公式戦に登板。今季からコーチ専任となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月3日のニュース