DeNA平良 800万円増の2100万円 後半戦で試合つくれず「悔しさがある」

[ 2019年12月3日 12:47 ]

契約を更改し、会見するDeNA・平良
Photo By スポニチ

 DeNAの平良拳太郎投手が3日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、800万円増の2100万円で契約を更改した。

 プロ6年目の今季は自身最多の15試合に登板して5勝6敗。「前半は思うような投球ができた中で、後半は試合をつくれないことが続いてしまった悔しさがある。昨年の勝ち星を超えられなかったのも悔しかった」と反省した。

 オフは課題の柔軟性を出すためにストレッチなども重視する。来季にむけて「ケガをせずに1年間ローテーションを守れるように。イニング数を投げられるようにしたい」と話した。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月3日のニュース