西武・平井 大幅6500万UPで1億円到達!フル回転81試合登板「想像以上の評価」

[ 2019年12月3日 17:01 ]

<西武契約更改>ドヤ顔で会見場に姿を現し報道陣の笑いを誘う平井 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 西武・平井克典投手(27)が3日、埼玉・所沢市内の球団事務所で契約更改に臨み、3500万円から6500万円増の年俸1億円でサインした。

 「想像以上の評価をしていただいたのでうれしい。これだけいただけるのでそれなりに自覚と責任を持ってやりたい」。

 平井は3年目の今季、パ・リーグ新記録でプロ野球歴代2位となる81試合登板を達成。5勝4敗、防御率3・50、36ホールドをマークした。1年目から42試合、64試合、81試合と登板数を増やし勝ちパターンには欠かせない存在に。「僕みたいな選手がここまでとは正直、思ってなった。まだ実感がない」とした。

 CSでは右太もも裏の肉離れを発症しながら投球。「シーズン後半、足を引っ張るというか、自分の力を出せなかった部分がある。まずは3連覇。来年もこれくらいやって、暖かいオフを迎えたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月3日のニュース