楽天 ブラッシュ、ブセニッツ、宋が残留で合意 3人とも1年契約

[ 2019年12月3日 16:04 ]

楽天のブラッシュ
Photo By スポニチ

 楽天は、ジャバリ・ブラッシュ外野手(30)、アラン・ブセニッツ投手(29)、宋家豪投手(27)の外国人選手3人と来季も残留することで合意したと発表した。

 ブラッシュは来日1年目だった今季、夏場にコンディションを訴えた時期もあったが、128試合に出場。主に4番として打率・261、95打点、チームトップタイの33本塁打を放った。

 ブセニッツも1年目からセットアッパーとして54試合に出場し、4勝3敗28ホールド、防御率1・94の好成績を残した。宋家豪も3年目で自己最多の48試合に登板し、3勝2敗24ホールド、防御率2・18でブルペン陣を支えた。

 球団側は契約延長に向けた交渉を続けていた。3人とも1年契約で、年俸はブラッシュが1億4000万円、ブセニッツが9000万円、宋家豪が4500万円(いずれも金額は推定)。ゼラス・ウィーラー内野手(32)は来季が3年契約の最終年で、契約を自動更新して残留することが決まっている。

 ▼ブラッシュ 来季もイーグルスのユニフォームを着ることができて、とてもエキサイトしているよ。今季はチームのゴールに近いところまで行けたけど、来季こそは絶対に優勝したいね。

 ▼ブセニッツ 私をふくめて家族全員、またイーグルスに戻ることができてとても嬉しいよ。機会を与えてくれた球団に感謝しているし、このオフの期間、チームメート、ファンのみなさん、仙台がとても恋しいね。来季もみなさんに会える日を楽しみにしているよ。

 ▼宋家豪 イーグルスで来季も野球を続けることができ、とても嬉しいです。いつも応援してくださるファンのみなさんありがとうございます。優勝を目指して、チームの勝利に貢献できるよう一生懸命頑張ります。

 ▼ウィーラー 来季で6年目、またイーグルスのユニフォームを着ることができて、とても嬉しいよ。新たに良い選手も加わったし、選手全員でチャンピオンを目指して、エブリデイ、エブリゲームを楽しみたいね。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月3日のニュース