ソフトB周東、約3倍増2000万円でサイン 「想定外の一年」支配下1年目で102試合出場、侍でも活躍

[ 2019年12月3日 17:05 ]

<ソフトバンク契約更改>アップ更改しサンタ姿でスライディングする周東(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの周東佑京内野手(23)が3日、ヤフオクドームの球団事務所で契約更改に臨み、600万円から約3倍増の2000万円でサインした。アップ率は233%。(金額は推定)

 今季開幕前に支配下登録を勝ち取り、102試合に出場し、チームトップの25盗塁をマーク。侍ジャパンにも代走のスペシャリストで選ばれ、プレミア12では4盗塁で盗塁王となった。「足しか貢献できてない中で評価してもらった。1年前は(育成で)想定できなかった。世界一までなって、充実した、自分でも想定外の一年だった」と振り返った。

 目標は盗塁王。「課題はバッティング。スタメンを争っていきたい」。夢の初タイトルへ、まずは定位置奪取を狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月3日のニュース