巨人、167キロ右腕ビエイラ獲得 史上4人目のブラジル出身大リーガー

[ 2019年12月3日 15:24 ]

チアゴ・ビエイラ投手(AP)
Photo By AP

 巨人は3日、今季、大リーグのホワイトソックスでプレーしたチアゴ・ビエイラ投手(26)と、来季の契約を結ぶことで合意したと発表した。

 ビエイラは将来性の高い最速167キロ右腕。2010年にマリナーズと契約。17年8月にメジャーデビューを果たし、ブラジル出身で史上4人目のメジャーリーガーとなった。同年11月にトレードでホワイトソックスに移籍し、18年は16試合で1勝1敗1セーブ、今年は6試合で1勝を記録。

 登録名は「ビエイラ」で、背番号は「49」。来年1月下旬に来日する予定。ビエイラは球団を通じ「伝統と歴史のある巨人軍の一員になれて心からうれしく思います。ブラジルで日本人コーチの指導を受けたことがあり、日本の文化や習慣にもなじみがあります。以前から日本でプレーしたいと思っており、この挑戦は家族にとっても素晴らしい経験になるでしょう。常にベストを尽くし、チームの優勝に貢献したいと思います」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月3日のニュース