巨人・岡本、6000万増で1・4億円 松井、坂本勇に次ぐスピード大台到達

[ 2019年12月3日 22:10 ]

来季の目標を色紙に書き、笑顔を見せる岡本和真(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・岡本和真内野手(23)が3日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、6000万円増の1億4000万円でサインした。球団の高卒選手では、松井秀喜氏、坂本勇に次ぐ3番目の早さでの1億円到達。5年目の今季は全143試合に出場し打率・265、31本塁打、94打点の成績で「優勝できましたし、日本一になれなくて凄く悔しいですが、チームとしては凄く充実したシーズン」と振り返った。

 今季は数字を意識しすぎるあまり、序盤に苦しんだ時期もあった。「変に自分で考えすぎてしんどかった。考える方は自分に甘く、成績とかは一切言わずに」と自然体で臨む考えを示し「まずは全試合スタメンを目標」と掲げた。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月3日のニュース