西武・粟津 右肩痛で「アジアWL」から途中帰国

[ 2019年12月3日 13:13 ]

 西武は3日、台湾で開催中の「2019アジアウインターベースボールリーグ」に参加していた粟津凱士投手(22)が、右肩痛のため同日帰国すると発表した。

 粟津は東日本国際大から18年ドラフト4位で入団。ルーキーイヤーの今季は1試合の登板で防御率9・00に終わった。今リーグ開幕前には、異国での武者修行に向けて「海外でプレーするという貴重な経験の場をいただいた。他球団の方から色々なことを吸収し、自分のレベルアップにつなげたい」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月3日のニュース