キャリアハイの阪神・守屋 3倍以上増の推定2300万円「やっとプロ野球選手になれた」

[ 2019年12月3日 15:25 ]

<阪神契約更改>大幅アップでサインした守屋(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 今シーズン57試合に登板した阪神の守屋功輝投手(26)が3日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸700万から3倍超の2300万円で更改した(金額は推定)。「期待していた以上の評価をいただいた。(上がった分の使い道は)貯金します」と笑顔だった。

 4試合が最多だった登板試合を57試合に大きく伸ばした今シーズン。「やっとプロ野球選手になれたと思います」と振り返り、要因には「自信を持って投げられたこと」と分析した。57試合登板で、2勝2敗、防御率3・00の成績だった。

 ブレークした翌年はマークが厳しくなる。「勝っている場面でも何試合か登板させてもらったけど、逆転を許したり、失敗することがあったので、来シーズンはゼロで抑えて、良いリズムで攻撃陣につなぐ役割を担いたい」とさらなる飛躍を誓った。具体的な目標は「50試合以上、今年より良い成績を残せるように」と力強かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月3日のニュース